日別アーカイブ: 2021年4月19日

Grivec Bros&DENHAMコラボの新品レイザーを記録する

Grivec Bros&DENHAMコラボのレイザーの経年変化はどうか

というわけでこんにちはnobiannです(´∀`*)

351ブラックに続き新しいジーパンをストックしたので記録します(°▽°)

デンハムでの購入は1年ぶりかな(*´∀`*)

前回購入はフルカウントコラボのクロスバックでした( ´∀`)

実はデンハムのレイザーを購入するのは初めてですΣ(゚д゚lll)

デンハムって普通レイザーから入る人が多いですよね?

と店員さんからもびっくりされました(笑)

試着で穿いてみるとめちゃくちゃシルエットが良くて穿きこんでみたくなりました(^◇^;)

ブラックを穿き始めているというのにさてどうしよう。。

1週間悩んで購入に至りました!(◎_◎;)

控えている2本のジーパンを穿けるのはいつになるのか…

控えているのはネイキッドアンドフェイマスのストⅡコラボ…

あとは記録していないものの、ある量販店の1.2万円ジーンズ

さて前置きが長すぎました。。

早速見ていきましょう!

GRIVECBROS DENHAM RAZOR AGING

自身初となるレイザーはこんな感じのシルエット(*´-`)

スキンに近く見えるかと思います。テーパードというよりスリムストレートです=(^.^)=

スキンと比べると少し股上が深く非常に穿きやすいです(´∀`*)

スキンはホントにタイトシルエットでゴリゴリの綿100%(T ^ T)

こちらはというと糸が細くしなやかでとても穿きやすく優しい感じです(*´∀`*)

このデニムはオランダ産でカンディアーニデニムというイタリアの生地です♪(´ε` )

正直カンディアーニを舐めてましたが、穿き心地ってとても大事だと思います。綿100%でゴワゴワしないって中々ないと思いますよ!

細かいディテールも見ましょう!画像中央あたりにあるのがGRIVEC BROSのアイコンです。

これですね。BROSと書いてあるだけあって双子の御兄弟が制作しています。

コラボの際に取られた写真です。

2016年からオランダでジーンズの販売を始めていますが、その歴史はとても深く興味深いストーリーとなっています。

コラボの経緯プロジェクトの概要は読んでおきましょう。

以下GBについての簡単な解説をホームページより引用しました。

GRIVECBROSについて。私たちの物語。
GRIVECBROSへようこそ。
それは私たちのジーンズにあります
Chevremontのアトリエのデザインテーブルを見ると、生デニムの大きな部分だけが見えているわけではありません。性格が見えます。キャラクター。生きるために生きる。それで、私たちは彼らに名前を付けます。クールピート、ハワー、ブリッカー、ロッカー。そして、アンティークの赤と黄色の真ちゅう製の13つ星の米国海軍ボタン、手作りの天然植物のなめし革パッチ、特製のバックポケットの三角ステッチで、スタイリッシュにドレスアップします。私達は私達が扱われたいと思うようにそれらを扱います。私たちは彼らが大好きです。私たちは彼らを抱きしめます。私たちはそれらの世話をします。結局のところ、彼らは私たちの家族であり、私たちの存在理由です。私たちは彼らが私たちを必要とするのと同じくらい彼らを必要としています。いいえ、ジーンズなしではいられませんでした。ジーンズなしにはなりたくありません。一日もありません。CHEVREMONTで一度だけ
過去を理解することは私たちを理解することです
それが私たちの物語の始まりです
何世代も前の勇気ある決断、
世界の他の場所でより良い生活を見つけるために
ここシェブレモントで発見されたより良い生活
引き続き発見されるより良い生活、
世界中の1932 –移行グリベックブラザーズの祖父、ジョゼフは、スロベニアのミルナペチ渓谷を去ります。より良い未来を約束して、彼は家族をオランダ南部に連れて行きます。彼は息子たちと一緒に、炭鉱労働者として炭鉱での雇用を見つけました。末っ子のルネ、グリベックブラザーズの父を除いて全員。彼は石炭ホッパー車の運転手として旅行を続けています。1970年代–インポートジーンズ彼の石炭ホッパードライブの1つで、ルネはジーンズの販売を開始するように促されました。彼は彼のインスピレーションに基づいて行動し、シェブレモントで訪問販売を開始します。 1971年に彼の妻ウィリーは双子を出産します:マルセルとロジャー、別名グリベックブラザーズ。1976-最初のジーンズ店ルネのジーンズビジネスはまさに人々が必要としているものです。 1976年、彼と妻のウィリーは、シェブレモントに最初のマルチブランドジーンズストア「ブルーインディゴ」をオープンしました。マルセルとロジャーはデニムに魅了され、実は両親の店で育ちました。

1979-複数のジーンズ店

ルネは、現在「ジャンスパレイス」と呼ばれる彼の11番目のマルチブランドジーンズストアをオープンします。暇なときはいつでも、マルセルとロジャーは両親を助け、デニムへの情熱についてすぐに学びます。しかし、13歳から16歳まで、グリベック兄弟の生活は別の方向に進んでいます。彼らはオランダの公式スキーセレクションに参加しているため、オーストリアの寄宿学校で生活、トレーニング、勉強をしています。

1989-グリベックブラザーズ買収

18歳のとき、人生はマルセルとロジャーに両親から残りの5つのジーンズ店を引き継ぐことを余儀なくさせました。事業を営んだ経験はほとんどありませんが、その縫い目で破裂するデニムへの情熱を持って(そして、彼らは実際に両親のジーンズ店で育てられたため)、グリベック兄弟は袖をまくり上げて雄牛を角で連れて行きます。彼らはすべてのエネルギーを1つのコアストア、つまりシェブルモントの「家」の開発に集中させています。

1990 –再発明

マルセルとロジャーは、ジーンズ店を所有する技術をかなり早く学びます。彼らはしないといけない。彼らは彼らの情熱と才能が未知の(上昇している)ジーンズブランドを発見し、売買することにあることを発見します。これにより、G-Star、Diesel、Replay、Chipie、Libertoなどのブランドを最初に販売した企業の1つになりました。

2003 / 2004-「ジーンズ研究所」

GrivecBros。のデニムとハードワークへの情熱は見過ごされていません。彼らの人生とキャリアのこの時期に、Jeanspaleisは広く認められ、「JeansInstitute」と呼ばれています。

2009-はじめにケア&リペアサービス、「死ぬまで乾かす」

マルセルとロジャーは、顧客が以前に店で購入したジーンズの修理を開始します。彼らの人生のモットーである「あなたが死ぬまで乾かす」にちなんで名付けられたサービス。お気に入りのジーンズから決して離れたくない人に捧げます。マルセル:「経年劣化により良くなる製品を販売する上で、お客様に専門的な修理サービスを提供することは論理的なステップでした。」

2010-ジーンズレーベルを作るという夢

現在広く「グリベックブラザーズ」と呼ばれているマルセルとロジャーは、長年のジーンズの修理とジーンズの取引が、独自のブランドを確立し、ジーンズを作るために知っておく必要のある細部をすべて教えてきたと感じています。彼らは望んでいたが、見つけることができなかった。 Boy Bastiaensの助けを借りて、彼らの夢は現実になります。 Boyはロゴを作成し、GrivecBros。ラベルの確立を支援します。

2016-Grivec Bros.レーベル&ストアの立ち上げ

勤勉と決意は報われます。 Grivec Bros.は、顧客のジーンズの修理専用の小さなアトリエを備えた新しい店舗をオープンしました。その年の3月、GrivecBros。の最初のジーンズであるCoolPeteが誕生しました。

2018 –悲しみより

Cool Pete、Hower、Bricker、Locker:2018年、MarcelとRogerはジーンズコレクションを拡大することを決定しました。セーター、Tシャツ、シャツ、ポロシャツ、チノパン:これからは、GrivecBros。のラベルは青以上のものになります。

2019 –デニムが帰ってきた

グリベックブラザーズは、彼らにすべてを教えてくれた家に彼らの拡張されたアトリエを開き、彼らの情熱を輝かせました

GRIVECBROSのホームページよりgoogle翻訳にて掲載https://grivecbros.com/

 

GRIVECBROS DENHAM RAZOR AGING

さてそのこだわりでのティテールを記録していきます。コインポケットのリベットは金です。現在の状態でも淡く色落ちしてきた時もきっと常に光り続けるであろうことが想像できますね(^。^)

リベットのアップです。カンディアーニデニムの刻印が入ったリベットだという事がわかりますね(о´∀`о)

デニム生地が濃紺ではないのでとてもマッチしています。

新品時のこの色合いは例えて言うと銀座シックス限定クロスバック二本のちょうど間の色味と感じています(´∀`*)

GRIVECBROS DENHAM RAZOR AGING

後ろ側の全体像です。既に試着時のハチノスが入っていますね!(◎_◎;)

記事を書きながら穿きたい欲がどんどん湧き出てきます(*´∀`*)

レイザーって立体裁断じゃないんですね。それでもこんなにきれいなシルエットになるとは思いませんでした(^_^;)

GRIVECBROS DENHAM RAZOR AGING

そういえば初めての黒パッチ。あとは赤パッチさえそろえば(*☻-☻*)

久しぶりに見たホワイトシザー。シンプルで良いですね(*´∀`*)

そしてポケットに隠しステッチが入っていますΣ(゚д゚lll)

角度を変えると出てくる紺のステッチ!これこそがGBのオリジナルステッチですね(*´-`)

カンディアーニデニム GRIVECBROS DENHAM RAZOR AGING

ボタンフライの合間にカンディアーニデニムのパッチがついています(^。^)

13starbutton GRIVECBROS DENHAM RAZOR AGING

そして好きな人も多い13STARBUTTON!!

13starといえばミリタリーのヘリンボーンツイルジャケットなどによく装着されていますね(^。^)

「HBT 13star」で検索すればネット上にたくさん出てきますので見てみてくださいね。

 

 

 

さてと裏側も見ていきましょう(*´∀`*)

 

GRIVECBROS DENHAM RAZOR AGING

スレーキです。世界200本限定のうち38本目が私のものとなりました。

撮影中想像以上のディテールに驚いたので本当に買ってよかったです♪(´ε` )

そして下には3人のサインがありますね。

反対のスレーキには洗うタイミングの指標が記されたチェックリストが書かれています(*´∀`*)

しかしGBのHPにはこう書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dry till you die!!!!

※死ぬまで洗うな(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GRIVECBROS DENHAM RAZOR AGING

13starの裏側にはGBのリベットが打たれています。

 

デニム 青耳 デンハム

そしてこれを見てください。青耳です。

じゃなくてです。見て欲しいのは違う場所です(*_*)

耳の縫製が雑なんです。。これほんと最高!!!!

わざとやっているのかはわかりませんが耳がヨレヨレです(笑)

デニム ベルトループ 長い

そしてわかる人にはわかるループの長さ(^_-)

デニム コインポケット 青耳

コインポケットも青耳!

というわけでいかがだったでしょうか。いつから穿こうか悩んでいますがHPを見るとその色落ちの良さに穿きこみを開始したくなります(°▽°)

HPには先程にも書いた

Dry till you die!!!!

が書かれています。

死ぬまで洗うな(笑)

オランダって勝手に和やかな国かと想像していましたが、ハードな方もいるんですね!

そして洗い方も書かれています。さてどうしよう(笑)

GRIVECBROSのホームページよりgoogle翻訳にて掲載https://grivecbros.com/

あなたが決して洗わないジーンズ…
生デニムジーンズをできるだけ長く洗わないようにアドバイスする理由についてよく聞かれます。私たちはこれを適切に説明しなければあなたが家に帰るであろう問題を理解しているので、私たちは行きます:GrivecBrosジーンズをいつまたはどのように洗うか私たちのスローガンは「死ぬまで乾かす」と言っているように、生デニムに対する私たちの情熱を伝えることができます。そして実際、少なくとも最初の6〜12か月はこれらを洗いすぎないようにアドバイスします。どうして?ジーンズをすばやく洗うと、魔法の老化プロセスが「妨げられる」からです。そしてそれこそが生デニムのすべてです。真のデニム愛好家は、たとえば、ヘビーウェアのパターン、ペアのコントラストが濃いなどの理由で、最初の洗濯の前に少なくとも6か月間ジーンズを着用することにします。他の人は、ジーンズを履き始める前にジーンズをすすぐことを好みます。これは、ジーンズを冷水を入れた浴槽に15〜20分ほど入れて、ジーンズの硬さを軽減し、「侵入」しやすくする方法です。とにかく、地球上でこれほどクールなものはありません。ゆっくりと、しかし確実にインディゴがジーンズから削り取られるので、最も美しいフェードが得られます。その結果、あなたのジーンズはあなたのライフスタイルを反映して、本当にあなたの個人的なジーンズになります。必要なのは忍耐だけです!したがって、ジーンズをすばやく洗うと、ペアのインディゴが「にじみ」、その結果は私たちの意見ではあまり面白くなくなります。だから、あなたが今まで見た中で最もクールなペアを手に入れるために、できるだけ長くそれを着てください!そうは言っても、それは好みの問題です。もちろん、それは実際には良いことでも悪いことでもありません。それはすべてあなた次第です。あなたのペアがそれの準備ができていると思うときはいつでもそれを洗う。hygeneはどうですか?カナダの学生プロジェクト

こんなに長い間ジーンズを履くのは嫌じゃないかと聞かれる方もいらっしゃいます。私たちはその質問を理解していますが、そうではないとあえて言います。幸いなことに、私たちはいつでもカナダの学生の話を共有することができます。約10年前、ある生徒が学校で実験を行い、同じジーンズを15か月間洗濯やフレッシュアップ治療なしで着用しました。彼は、こんなに長い間着用した後、いくつのバクテリアが彼のペアに行き着くのか知りたかったのです。それで、彼はジーンズを15か月間続けて着用しました。そうです、彼は時々ビールやハンバーガーを少しこぼしましたが、心配する必要はありません。 15か月後、彼はジーンズを交換してから洗濯し、バクテリアの数を確認しました。それから彼はジーンズを洗い、新鮮なペアを13日間着用し、もう一度テストしました。

その結果、ジーンズを15か月間着用したか、13日間しか着用しなかったかによって、細菌の保菌に違いはありませんでした。そして、ジーンズに存在するバクテリアのほとんどは彼の皮膚から来ており、まったく害はありませんでした。

ジーンズの準備ができたら、ジーンズを洗ってください。

ジーンズや一般的な衣服を定期的に洗うことは、これらの現代において新しい標準となったものです。しかし、昔は、1、2日経っても洗濯しませんでした。彼らは汚れたときにそれらを洗った。たとえば、最近の冬のジャケットで行っているのと同じです。そして、それこそが、このトピックについて質問されたときに私たちが推奨するものです。あなたのジーンズがそれを必要とすると思うときそれを洗ってください。

ジーンズをリフレッシュするための基本

言ったように、ジーンズの扱い方には良いことも悪いこともありません。ただし、着用したジーンズの破れや裂け目を防ぐために、時々それらを洗うことをお勧めします。水力として、ペアの繊維を強化します。だから、あなたがあなたの最愛のグリベックブラザーズジーンズの準備ができていると思うときにあなたが使うことができる5つの方法がここにあります。

洗濯機洗い

最も一般的なのは、洗濯機でジーンズを洗うことです。まず、ジーンズを裏返します。これにより、元の色を維持できます。次に、漂白剤を含まない洗剤(多すぎない)を追加します。簡単な短い洗浄プログラム、穏やかなサイクル(またはマシンによっては繊細なサイクル)を使用して、最も冷たい水オプションを選択します。準備ができたら、後でジーンズを吊るして(空気で)乾かしますので、乾燥機をスキップします。

手洗い

ジーンズは手洗いも可能です。これはジーンズをきれいにし、繊維も強化します。あなたは浴槽または流しでこれを簡単に行うことができます。ジーンズを裏返し、ぬるま湯(縮みを防ぐため)を使用し、漂白剤を含まない洗剤を少量加えます。ジーンズを軽くかき混ぜて汚れを取り除き、60分以上浸します。それを絞り、その後ジーンズを干して乾かします。

リンス

浴槽または流しにぬるま湯を入れます。漂白剤を含まない洗剤を少量加えます。ジーンズを裏返し、15〜20分ほどそのままにしておきます。それを絞り、その後ジーンズを干して乾かします。

冷凍庫

一部のデニムヘッドは、ジーンズを冷凍庫に入れてバクテリアや臭いを取り除きます。しかし、この理論はそれが機能するはずであるというより神話です。確かに、ジーンズは無臭のディープフリーズから出てきますが、ジーンズを履いて体温が素材に触れるとすぐに、すべてのバクテリアと臭いが再び活性化されます。

外で放映

ティ

 

カンディアーニデニムのしなやかさとハードな側面を持った御兄弟が作ったデニム、そしてデンハムとのコラボ(*´∀`*)

 

早く穿きたいです!!!それではまた!!!