タグ別アーカイブ: クロスバック

デンハム クロスバック 吉祥寺限定の色落ちと経年変化#0 穿きこみ開始編

お久しぶりです꒰•‧̫•ू꒱

投稿をさぼっていて大変申し訳ございません(汗

あっという間に9月になってしまいました。

去年の9月はというとデンハムのスキンの穿きこみを開始しました。

あれからもう1年経ってしまったのか…と思うとおじさんはどんどん老け込んでまいります…

スキンについては糊付けしてがんがん穿きこみました。

しかし記録がweb上で記録できていません。

きちんと管理して報告致します(汗

誰も怒る人はいないと思うのでここで秘密をばらします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキンは洗いまくってます(笑)

 

さてさて今回の穿きこみ開始はこちらになります。

吉祥寺限定クロスバック!!

 

今までのクロスバックとの違いは何なのか?というとそれは色味だと思います。

吉祥寺限定は銀座シックス限定に色味が近いです(∪´>‿<`)

ただこの固体は中古なのです。

その為数回洗っているようですがスキン同様糊付けをしています(∪´>‿<`)

 

 

ハサミが赤い(笑)

 

さてそれでは穿きこんでまいりたいです。今回は1年は洗うつもりなしです(笑)

初代クロスバックの様に激しい色落ちを目指して行こうと思います。以下初代のクロスバックです。




僕がデンハムのクロスバックを穿く5つの理由と経年変化記録#11 1wash1soakで21ヶ月で5754時間!!

こんにちは!nobiannです│´ω`)ノ₎

年初からデンハムクロスバックの経年変化です!

2018年9月よりスキンとクロスバックを交互に着装しています(゚ω゚)ノ

今は5月中旬にさしかかりますが、5月いっぱい予定通り休日にクロスバック

で穿ければという時間で計算しています。

前述した通りクロスバックは休日しか穿けていません(゚ω゚)ノ

これって3ヶ月で1ヶ月分しか穿けてないってことじゃん(。▻ ܫ◅)ノ

でもやはり前回から400時間近く経過したことと、段々暑くなってきた事でエイジングは進んでいます│´ω`)ノ₎しかも前回は洗っていますので洗った後3ヶ月ですから一気に進んでいますよ!

まずは前側です(´∀`)ノ ’`ィ

全体に緑がかってきました。これはPCでいじっているのではなくて実際に窓際の自然光で当てた際に出ている見た目とほぼ一緒の色合いです。

話すと長いのですが珍しくホワイトバランスをきっちり設定してから撮影しました( *´艸`)クスクス

デンハムの店舗に行った事がある人ならわかると思うのですが、エイジングの過程で緑っぽく落ちるジーンズが展示されているのを見た事があります。

このまま洗い込んで行けばガチで理想の色落ちになりますが裾のクッションがまだ甘いので洗いません(笑)

ただし太ももの部分は生地が薄くなってきています。破けるまで穿いても良いのですが、ギリギリ感を楽しみつつ破けるまでは穿きません( *´艸`)クスクス

 

さて裏側です。クロスバックは立体裁断が秀逸で袋状になったシルエットにより上手く畳む事ができません

※私的感想です(笑)

何回も何回も畳み直しをし複数枚の画像を撮影しました。

しかし結局2枚アップすれば良いやという決断に( *´艸`)クスクス

色落ちを誇張した畳み方。これを見ても相当な立体感があるのがわかると思います( *´艸`)

 

そろそろ本題ですがクロスバックを穿く理由の前置きです。

前置きでも話すと長いのですがよろしいでしょうか(笑)

僕は幼少の頃からジーパンを親に与えられていて自然とジーパンを穿く様に仕付けられていました。

今でも仲の良い旧友と会うと「nobiannは小学生なのに短パンを穿かなかった。冬はジーパンと革ジャン(及びジージャン)を着ていた」という位です( *´艸`)クスクス

事実父親から当時の話を聞くとマクレガーだったりエドウインだったりとアメカジの物を着させていた様です。

父親は団塊世代でアイビーからヒッピーまで幅広く体験したそうです。70年代を20代で過ごした世代ですからね。。。苦労もあったかと思いますが羨ましくもあります。

 

中学生になると通っていた学校がアメ横から近く友人達の話を聞いてリーバイスの501は「ヤヨイ」で買うというのがセオリーでした。

501がリジットで4,980円!!

初めて「ヤヨイ」に行った時の緊張感は今でも忘れられません。

狭い棚に一杯のジーンズ( ゚ ω ゚ ) !!!!!!

見たこともない硬さの501( ゚ ω ゚ ) !!!!!!

糊付けされたジーンズを初めて購入した13歳。もう30年以上前の話( ゚ ω ゚ ) ! !

今の様にリジットとか生デニムなんていう言葉はなかった気がします・・・(=ェ=`;)

ワンウオッシュじゃないジーパン?洗っていないジーパン?

なんて言ってたかな。。。

一応試着はしたけど全く足が入って行かなかった記憶があります( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・

「持って帰ったらお湯に2.3時間つけてから洗濯機でもう一回洗う」

と言われた気がしましたが、時間については何時間と言われたかどうかも曖昧です

( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・

 

 

 

当時からいる店主さんは今でも販売を続けています。こちらの動画を参照にしてくださいね。

YouTube Preview Image

 

 

14才中学二年頃(1991年)からヴィンテージが流行りだしました。

と言ってもその頃持っている人は極わずか( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・

中学生が501XXなんて持っているわけないわけで。。。

この辺りの話は気が向いたら後日しようと思います( 。-ω-)

 

紆余曲折あり社会人になりました。相変わらず普段はジーパンを穿いていますが買っていたのは相変わらずリーバイス。ずっと同じ物を数年穿いて破れるまで穿いていました。

レッドループの505や702っていうLVCになる前のリーバイス。

下記商品の上段はおそらく同等品ですが過去穿いていたものより年代は後なんじゃないかなと思います。ほぼ新品で残っていて僕が欲しくなりました(笑)

 

↓はおそらく当時穿いていたものだと思います。

ただ当時レプリカブランドがどんどん出てくる中自分は全く興味が無くやはり新品からヴィンテージまでリーバイスが主軸。レプリカブランドが嫌いというわけでは無くて購買意欲が湧かなかったのです。

途中Leeに浮気もしましたが…※Leeの色落ちも大好きです((ノ)゚ω(ヾ))

 

20代半ばになるとスーツで仕事をする様になりました。

その時点で特に通勤から帰宅までジーパンが穿けない事について苦になった事はないです。

 

時代はどんどん経ちインターネットが普及する様になりました。

ただ20代前半からの20年間は仕事ばかり。

趣味はカメラ、バイク等になりあまりジーパンについては意識もしなかったです。

もちろんその間ネットで「ジーンズ色落ち」なんて言葉は検索したこともなかったです(笑)

40歳手前でこのまま40歳になって良いのか?40代はどうする?

なんて考えていたら「このままなるべく老けずに元気でいたいなー」「40歳で人前に出ても恥ずかしくない様にしないと」なんて思っていました。

これは皆が思うことだと思います。

そしてなぜかユニクロでジーンズを買ってしまったのです。。セルビッチが2,980円。。衝撃でした。。

そして能動的に画像検索で調べる日々が続き、そこで飛び込んできたのがこの画像に似た投稿↓

 

 

View this post on Instagram

 

. ✂︎————————————————- . . DENHAM VIRGIN TO VINTAGE STORY💙👖✂🇯🇵 MODEL CROSS BACK VOD👖💙 . 履き込みデニムはやっぱりかっこいいですね😎👖 @pipo_kenta いつも生デニムかっこよく履いて頂きありがとうございます👏👏👏 . 明日も代官山店で皆様のことお待ちしております🙇🏻🙌 . . ————————————————–✂︎ . @denhamthejeanmaker @denham_japan #denham #denim #converse #rawdenim #coordinate #rolex #365daysofraw #denimhead #ootd #japan #fadeoftheday #styleblogger #fashionaddict #fashionformen #l4l #mn_snap #urbanstyle #peoplescreative #outfitgrid #snapgram_jp #コーディネート #置き画 #ファッション #コンバース #スニーカー #足元倶楽部 #ginzasix #今日の服 #今日のコーデ #デニム

吉澤 航 Yoshizawa Kouさん(@kou_720)がシェアした投稿 –

なんじゃこの形は!!!

今まで見てきたジーパンでこんな形は見た事が無かったです。。

一気に欲しくなり、デンハムに問い合わせしました( ゚ ω ゚ ) ! !

僕「この形初めて見るんですが赤耳とか付いてないんですか?」

店員さん「赤耳は付いてないんです。ちょっと普通のジーンズと形が違うので」

こんなやりとりを3分ほど電話でしました。ひとまず予約し銀座シックスに向かったのです。

購入時の記事はこちら


やっと本題のクロスバックを穿く5つの理由です。

1.今まで見たことのないシルエット。
 サルエルでもストレートでもスリムでもない

2.その名の通りクロスバックがカッコ良い。
 ヴィンテージのオーバーオールをモチーフにしたデザイン。
 数あるジーンズの中でもクロスバックは普遍的になると予想している。

3.幾重にも重なったデニム生地や丈夫な裏地。
 スレーキ、裏地どれを取っても丈夫にできている。
 ※これだけ穿いていてもまだ破れません(笑)

4.特濃のインディゴで中々色落ちしない。
 ブログを毎回見てくださっている方はわかると思うのですが中々色落ちしません。
 これがこのコントラストを生み出しているんだと思います。

5.どんなコーデにも合う
 スニーカーが似合いそうなシルエットですがブーツにもビシッとくる。
 革ジャンでもパーカーでも何でも来いです(笑)

次にクロスバックを買うとしたらオーバーサイズで買おうと思っていますΣp(`□´)q

 

 

 

長文ですみませんでした。。
クロスバックは定期的に新作を出しています。
毎回限定でそれぞれデニムの厚さや色合いが違う様です。
是非試してみてはどうでしょう?

今度気が向いたらジーパンにかけるコストと時間を記事にしようと思っています。

 

ていうかあれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恥ずかしくない40代どころか不潔感漂うおじさんになってる(洗え)

 

 

 

それではまた(笑)