DP2merrillの5つの良い点と悪い点云々

dp2 merrill ueno alley2013-2nobiann
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へにほんブログ村 写真ブログへ1clickで写欲が上がりますカメラ:DP2 Merrill3shotRAW→tiff→HDR
等倍鑑賞はこちら
■良い点!
1. 見た目が無骨でかっこ良い。見た目は大事です。モチベーションが違います。
2. 抜群の解像感と描写力。等倍で見るとリアルに撮れすぎていて気持ち悪い位です。タバコの吸い殻まで良く写るw壁のザラザラもノイズかと思いきやdetailでした。
3. X3FRAWデータの暗部がかなーり粘る。3EV幅のブラケットしか出来ない割にはここの明暗差をビシッと決めてます。
4. 軽いから通勤バッグに余裕で入る。一眼はとてもじゃ無いけど持ち歩くの大変です。
5. カスタムモードによる撮影シーン管理がしやすい。ボタンが少ない分カスタムモードがあるからシーンによって簡単に切り替えられる。これがあるか無いかでずいぶん機動性が変わります。

■悪い点!
1. データ書き込みに時間がかかる。SDカードはclass10のものを使いましょう。多少違います(と思います。)
2. とにかくバッテリーのもちが悪い。私の単車のバッテリーの様にどんどん電力が落ちていきます。互換電池でも良いので多めに持ちたいところです。
3. 液晶モニターの表示が惨い。いやホントに大丈夫これ?って心配になります。その分帰ってからの現像が楽しみなのですがね。
4. photomatixがなんだかんだRAWデータに対応していない。メールでのやりとりではアップデートでオKになったはずだったのに対応出来てません。単一色のデータが出てきますww
5. シャッターの半押しのクリック感がチープ。半押しのつもりがシャッター切れちゃう現象多発。まだ慣れてないからだろうけどそう感じるのだから仕方ない。

■まとめ
このカメラはバイクに例えるとKawasakiで、ゲームに例えるとskate2です。シンプルなカメラではあるけれど奥行きがあり味わいもある。そんなdp2merrillで色々試してみようと思います。次回は国際フォーラムで撮ってきます。

HDRerが使うべきコンデジはdp2merrillで決まり

千鳥町 HDR dp2merill 1nobiann
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へにほんブログ村 写真ブログへ1clickで写欲が上がりますカメラ:DP2 Merrill3shotRAW→tiff→HDR
5D2を買って以来ボディーの購入は控えていました。なぜかというと「次買うカメラはシャッターを切っただけでトーンマップ済みのデータが出力されるもの」と決めていたからです。ただ3年前にここに初めて行った時hiroさんが当時のDp2でその描写力を魅せてくれていました。その時の
感動をずっと忘れられず今日に至りました。抜群の解像力。コンデジとは思えない描写。foveonならではですね。
悩んだあげく買ってしまいました。そして最初に撮ると決めていた場所に行ってきました。結果的には「長所もあれば難もある」そんなカメラです。次回詳細なレポをお伝えします。今日はここまでです。
※この後国道357号線で愛車のアドレスv125のエンジンが焼き付きました(泣
等倍鑑賞はこちら