HDR:使用機材


ここではnobiannの使用(済み)機材を紹介して行きます。
◆デジカメ
絞りが固定出来てブラケット出来るカメラを準備しましょう。nobiannはcanonとRICOHしか使った事が無いため、あまり具体的に「これがいい♪」と断定は出来ませんが、一般的には「ダイナミックレンジの広いカメラ」を使った方が良い様です。昨今ではペンタックス K-5等一撃で5ブラケット出来て、しかもノイズ耐性に強くisoautoで51200まで使えちゃうというHDR専用機みたいな恐ろしいカメラが出ています(欲しい♪)
※nobiannの機材
GR digital3
CANON EOS 5D mark2
CarlZeiss PlanarT*1.4/50mm ZE
レンズ:TS-E24mm f3.5L
SIGMA12-24mm
EF24-105mm F4L IS USM
EF50mm f1.8Ⅱ
トキナ AT-X107 DX FishEye10-17mmF3.5-4.5
EF70-200mm F4L IS USM
EOS KISS X2

◆三脚
Velbon ネオカルマーニュ635←クリック先は相当品です。
SLIK スプリントMINI 2 CG(SPRINT MINI2 CG)
manfrotto modopocket797

三脚は用途によって使い分けています。町中の写歩では簡易的な三脚を使用し、ネイチャーや撮り鉄等風の強い時には大きい三脚を使用しています。nobiannは基本三脚必須と考えてます。

◆PC
HDRをはじめた当初はネットブックで頑張ってました。しかし画像確認しにくいのはもちろんの事、スペックが低いPCで作業をしているとやる気が削がれてきます。とはいったものの、もの凄く高い機材も趣味の範囲では中々買えません。nobiannの機材に対する考え方は「満足度と所有欲をある程度満たしてくれればいい」という事が前提です。それが次の写欲につながると言えます。現在はiMacの21.5インチの物を使用しています。21.5インチの中でもグラフィックボード性能が高い物を選びました。ネットブックから比べると雲泥の差でびっくりですzzz

◆画像加工ソフト
Photomatix言わずと知れたHDR作成ソフト。(nobiannは英語のダウンロード版です。)
MAC版PhotoshopCS5画像補正に使用


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.