エンジニアブーツを丸洗いするやり方(1)

こんにちはnobiannです。最近寒くなってきました。

ちょっと時間が出来たので単車を直しました。

暇なわけでは無いのですが放置するわけにも行かないですからね。


単車のマフラーを触媒ストレートに戻しバッテリー関連の チェックをしました⊂(・ω・*)∩

しかしバッテリーがまたも死んでいるのか買わないとならない状況に。。

今回もバッテリーを買ったわけですがそれはまだ届いていません。

軽くて放電率の低いリチウムイオンバッテリーを頼んでみました。

バッテリー交換の仕方も掲載したほうが良いのかな…

マフラー交換より簡単なので気が向いたら…(0゜・∀・)

 

そして治してみると今度はブーツが欲しくなり…..

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤフオクでチペワのエンジニアブーツを落札してしまいました(ᅙωᅙ)ふっふっふ

このチペワのエンジニアブーツは70年代のビンテージものでして茶芯が既に出まくっている状態です…

割と中古の物って好きではないんですが。。

程度を見極めて値段相応以下なら買ってみるかとなるわけです(*/▽\*)

しかし他人の穿いていたブーツを買うなんて初めてです( ̄◇ ̄;)

写真を見て判断して買うのですがいままでほとんど失敗したことはありません(*´罒`*)ニヒヒ

しかし匂いとかカビとか水虫とか大丈夫か???って疑心暗鬼になりますよねヾ(。>﹏<。)ノ

ひとまず買ってみて状態を見てOKでもNGでも洗う!!!!と決めてポチりました。

 

 

 

 

ひとまずこれがそのブーツ。すごいオーラを放っているでしょうヾ(⌒▽⌒)ゞ

ビンテージは空気感が違います!

 

ソール交換もされていて交換してからワンシーズン穿いてないんじゃないかな(0゜・∀・)

若干乾燥気味だけど問題なし。

 

しかしラッキーなことに前オーナーさんはとても丁寧な方の様でした。

炭の消臭剤と新聞紙を丁寧に入れてあって匂いもカビも無し!!!♪((o(^∇^)o))♪

 

あ!そうそうビンテージチペワのタグは刺繍タグからプリントタグに変わった頃のものです。

という事は僕とほとんど同い年!!

牛から革として鞣されてブーツに変わり僕と同じ位生きてきたんだね….


 

状態は良かったものの洗うと決めていたので洗います。

ひとまず今日もジョイで漬け置き!

ジーパンも革靴もバイクも全部ジョイでOK!

今日はつけおきまで!又次回洗浄等を掲載します!

 

 

関連記事


Google+ Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.