玉ノ井の赤線跡を夜写歩2015年4月/玉ノ井散歩#5

玉ノ井2015 4 23-12

建物と人は共存

玉ノ井2015 4 23-11
共存出来なければ淘汰される

玉ノ井2015 4 23-1
気づかれないまま時代は過ぎていく建物も

玉ノ井2015 4 23-9
僕は見つけ出し記録していく

関連記事


Google+ Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.