マジックランタンを使用したバルブブラケットでどんな明暗差も克服する

送電線と工場の見える風景nobiann


にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へにほんブログ村 写真ブログへ1clickで写欲が上がります カメラ:EOS 5D mark2 レンズ:EF24-105 F4L IS USM

川崎周辺の工場だと明暗差がそんなにないので何となく撮ってればHDR出来る

ただし千葉県の工場は明暗差が激しく、HDRフォトグラファーにとっては課題を与えてくる場所なのである。

今回はmerrillでここを何とかしたいのが課題だった。merrillの画像はまだ現像していません。

まずは5D2のマジックランタンで10shotでバルブブラケットしたイメージから出してみます。

今回は特に強風の中の撮影だった為10shot撮るのに30分以上ブラケットをしていました。

どうせぶれているだろうと思いきや等倍で見ても全くぶれていなかった為ラッキーでした。

私の場合干潟の中にあるギザギザのディテールが出てこないと納得出来ないんですよね。

それぞれ撮り方は様々だと思うんだけどこれくらいやれれば自分的には納得出来ます。

問題はmerrillの方ですね。現像するのが怖い(笑

関連記事

Google+ Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.