Dp2 meriillによるHDRの作り方2014 act2 「HDR作成編」

こんばんはnobiannです。

前回の記事ではブラケット撮影についてご説明しました。

いよいよHDRの作成に入ります。

HDRを作成するにはphotomatixというソフトを使います。

他にも色々ありますが私は色々試した結果このソフトが一番だと思っています。

世界のHDRerのほとんどがこのソフトを使用していると思います。

それくらい有名なソフトです。

photomatixはHDRsoft社が販売しています。

だいぶ昔からここのgalleryに私の稚拙時代の

(今も稚拙だが…)HDRが参考画像として出ています。

暇な人は見に行って下さいね。→nobiannの参考画像

■photomatixのダウンロード
ウンチクはいいとして早速photomatixをダウンロードしましょう。

photomatixは初めての場合試用出来ます。

ダウンロードしてインストールしたら次の様な画面が出るはずです。

licence
「とりあえず使ってみたいぜ」という人は「continue Trial」
「買うと決めたぜ。もうHDRの沼にはまってやる」という人は「order licence key」を押しましょう

因みにオーダーする時にcoupon code入力画面が出ます。
その時に「nobiann」と入力すると多少割引が効きます。買う時はクーポンを使用してみて下さい。

■photomatixに現像した3枚の画像を読み込ませる
ddf6cde1eb71cb7d7b5ca23961d793c7

※手持ちで撮った画像でズレのある写真は下図の場所にチェックしておくとある程度補正してくれます。
eff7f260198d485f616c735a757274ce1

◎photomatixの操作画面
スクリーンショット 2014-05-01 1.57.40

デフォルトでこの状態です。
だいぶと普通の写真では無くなってきました。
画像に奥行きが出てきています。
とても立体的に見えますよね。
ダイナミックレンジが広がってきているからです。
しかしまだ暗部と明部に問題があります。
ここでパラメーターを色々動かしてみて下さい。
なるべく暗部を持ち上げて明部を白飛びさせない様に調整します。
画像の上でクリックすると拡大窓が出てきます
ここでのポイントは………………..
多少眠くてもいいからとにかくダイナミックレンジを広げる事!です

nobiannの弄ったパラメーターでは….
dp2merrill HDR tips only photomatix
こうなりました。

そこからphotoshop等で色調やコントラストを整えていきます。結果は…….
dp2merrill HDRtips photomatix to photoshop
大サイズで目が痛くなる程味わいたい人は→flickrラージサイズで見ましょう。
今回はきちんと処理しているのでかなりビシッと来てます。
HDRの定義で見ると白飛びと黒潰れに注視してしまうんです。私の場合最近はあんまり気にしていません。
どちらかというと独自の立体感とdetailとコントラストが得られるから好きなんですよね。
例えばより写真に近づけたくてHDRっぽさを消したい場合この程度で押さえる事も可能です。
like picture HDR
HDRにより様々な可能性が広がりますので手段として知っておいた方が良いですよね。
おれはこうやってるぜーとか知りたいですね。又答えられる範囲で質問等受け付けます。
それではまた*D

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へにほんブログ村 写真ブログへ1clickで写欲が上がりますカメラ:DP2 Merrill3shotRAW→tiff→HDR

関連記事


Google+ Comments

“Dp2 meriillによるHDRの作り方2014 act2 「HDR作成編」” への2件の返信

  1. クーポン、知らなかった・・・ Photomatix 4と5でいくらか損しちまった。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.